Galaxyの人気スマホで撮影テクニックを実践! 夏の思い出を綺麗に残そう

スマホ撮影テクニック紹介楽しい夏の思い出を綺麗に残す

ビーチや花火大会

夏のお出かけで出会う「映えシーン」
といえば、ビーチ花火大会!
家族やお友だちとの楽しい思い出を、
スマホのカメラで綺麗に残してみませんか?
今回は、人気スマホGalaxyを使って、
シーン別におすすめのテクニックをご紹介します。

ビーチビーチ

光の反射を活かし、
水面の輝きを
ローアングルで写す

光の反射を活かし、水面の輝きをローアングルで写す

日差しのまぶしい日中には、水面の光の反射を生かした夏らしい写真に挑戦してみましょう。
カメラが水面につかないギリギリの低い位置にカメラを構えて、かつ太陽の日差しの反射角を意識して撮影すると、より水面のキラキラした様子を捉えることができます。
撮影するタイミングはズバリ「波の引き際」。寄せてくる波は白く波が立ってしまうので、波が落ち着くタイミングを狙いましょう。足を少し動かして水の波紋を作るのもおすすめです。

光の反射を活かし、水面の輝きをローアングルで写す

Galaxy Z Flip3 5G なら 90度に折り曲げられるから
ローアングルでも取りやすい

Galaxy Z Flip3

ローアングルでの撮影におすすめの1台が折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip 3 5G」。折り曲げることでカメラを好きな角度に調整できるので、低い場所からの撮影をはじめ思い通りのアングルで撮影が可能です。

Galaxy Z Flip 3 5Gを90度に折り曲げると、上半分に撮影プレビュー、下半分に撮影設定メニューやシャッターボタンが表示される「フレックスモード」に自動で切り替わり、快適に撮影することができます。

海の迫力をパノラマ撮影で
おさめる

ビーチの魅力といえば、そのスケール感!海の広さを目の前にしたときのワクワクした気持ちを残すのなら、パノラマ撮影モードがおすすめです。スマホを左から右に動かしながら撮影するパノラマ撮影モードでは、左右の見通しがよく遮る建物などのない場所で撮影すると、スケール感が出てダイナミックな写真を残すことができます。ビーチの中央付近など砂浜の広大さを強調できる場所を選ぶようにしましょう。

海の迫力をパノラマ撮影でおさめる

Galaxy S22 Ultra なら パノラマ撮影で写りこんだ人・物も
AI消しゴムで後から削除ができる

元画像 | AI消しゴム使用済み 元画像 | AI消しゴム使用済み

ビーチでの撮影でどうしても気になってしまうのが、写真への人物の写り込みです。人の少ない早朝などに撮るのがベストですが、簡単ではありません。
そこでおすすめなのが「Galaxy S22Ultra」のカメラに搭載されている「オブジェクト消去」という機能。これは、AIによって写真に映り込んだ余計なものを簡単に消去できるというもので、思わぬ映り込みで「惜しい!」と思った写真を満足のいく写真に仕上げることができます。

*オブジェクト消去はS20 5G 以降の S シリーズ、Note20 Ultra 5G、Z Flip/Z Flip 5G/Z Flip3、Z Fold2 5G/Z Fold3 5G で使用することができます。端末やアプリのバージョンによっては、この機能を利用できない場合があります。最新のバージョンに更新していることを確認してください。

夕陽に染まる空、
赤く輝く水際を情感
たっぷりに

夕陽に染まる空、赤く輝く水際を情感たっぷりに

ビーチの夕方は、美しい写真を撮影できる絶好のタイミングです。水平線に沈む夕日、夕日の反射できらめく水面など、海ならではのたくさんのバリエーションを撮ることができます。
撮影の際には、超広角撮影モードに切り替えて、ローアングルからシャッターを切ります。これにより、写真に奥行きや立体感が生まれ、浜辺の水際にできる夕焼けの反射を美しく残すことができます。水の反射を使うと夕焼けに照らされた被写体から美しい影が伸びるので、より印象的な写真を残すことが可能です。

夕陽に染まる海を、シルエットを入れて情感たっぷりに

Galaxy S22 なら シーン判別機能で雰囲気たっぷりの
写真もテクニックいらず

通常撮影 | シーン判別 機能 ON 通常撮影 | シーン判別 機能 ON

「Galaxy S22」のカメラなら、夕焼けの撮影でも細かいカメラの設定は必要ありません。標準搭載されている「シーン判別機能」では、被写体を自動判別し、最適な色味を設定してくれます。夕焼けのシチュエーションでは、深い赤みを美しく残してくれて、写真撮影の技術がない方でも簡単に印象的な写真を残すことができます。

花火花火

花火の光を生かして
人も映し出す

ビーチでの楽しみのひとつといえば、定番なのは「花火」です。薄暗くなったシチュエーションでは花火を写真に残すのは難しいというイメージがありますが、工夫すると素敵な写真を残すことができます。
その工夫とは、花火の明るさを生かした写真を撮影すること。例えば、花火を撮影者に向けると、花火の光によって顔が照らされて、暗くなりにくくなります。また花火の火花にボケ感も生まれるので、綺麗な写真に仕上がります。

花火の光を生かして人も映し出す

*ビーチでの花火は自治体などで禁止している場合があります。ビーチのルールに従って楽しみましょう。

*撮影者に花火を向けると火傷などの恐れがあります。十分に距離をとって撮影しましょう。

Galaxy S22 Ultra なら ナイトグラフィーで暗い場所でも
美しく

Galaxy S22 Ultra

「Galaxy S22Ultra」のカメラには光を多く取り込める大型イメージセンサーが搭載されており暗闇の撮影にも強いことが特長です。
さらに、撮影速度を自動で調整しながら暗い場所での撮影で生じやすいノイズを除去してくれる「ナイトグラフィー」という機能が搭載されているので、花火の楽しい思い出も、あざやかな写真に残すことができます。

スマホを固定して撮影し
花火を思い存分楽しむ

*花火大会では三脚などカメラを固定する器具の使用が制限されている場合があります。

*撮影の際には周囲の人の観覧の妨げにならないように注意しましょう。

目の前いっぱいに広がる花火を写真に収めたい方は多いと思いますが、「撮影に集中しすぎてカメラ越しでしか花火を見られなかった」となるのはガッカリですよね。
そこでおすすめなのは、スマホを固定して花火の様子を動画に残すこと。前もって花火の上がる大まかな位置を把握しておき、花火と自分の間に遮るものがないかを確認しておきましょう。花火が破裂する前に見られる光の軌道を頼りに撮影位置を決めるのもおすすめです。
スクエアで撮る際は、花火が構図の真ん中に近い場所に来るように撮影位置を決めるとダイナミックな動画を撮影できます。

*花火大会では三脚などカメラを固定する器具の使用が制限されている場合があります。

*撮影の際には周囲の人の観覧の妨げにならないように注意しましょう。

Galaxy Z Flip3 5G なら ハンズフリーで動画を撮影

Galaxy Z Flip3 5G

「Galaxy Z Flip3 5G」は自由に角度を調節して折り曲げられるフレックスモードを搭載しています。スマホを平らな場所に置くと、三脚のようにカメラを固定して安定した撮影角度をキープできるので、手振れなどの心配がありません。三脚がなくても簡単に最高の花火動画を撮影することができます。

撮影の難しい打ち上げ花火は動画で撮影し切り出す

スマホで打ち上げ花火の写真を撮影する際、シャッターを切るタイミングが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。
そんな時にはスマホカメラの動画撮影モードを最高画質に設定して花火を動画に残してみましょう。撮影後にベストな瞬間を探し出して、そのシーンを画像に切り出すことで、SNSなどでシェアできる綺麗な写真を作ることができます。
また、撮影する際には構図に工夫をしてみましょう。横長の画面で撮る際は、中心に花火をもってくると、あまり綺麗な構図になりません。画面の端に花火が映るようにすることで、少し余白をもたせた構図をすると、印象的な動画を撮影することができます。

海の迫力をパノラマ撮影でおさめる

Galaxy S22 Ultra なら 「8Kビデオスナップ」機能で
撮影した動画から高画質のまま
写真を切り出せる!

Galaxy S22 Ultra

「Galaxy S22Ultra」には、4Kよりもさらに高画質な8Kでの動画撮影機能を活かした「8Kビデオスナップ」という機能が搭載されています。約3,300万画素の8Kカメラで撮影した動画から、高画質を維持したまま写真を切り出せるので、動画に残しておけばどんなシーンでも印象的な写真にすることができます。

Galaxyユーザー限定の特典をご用意!

詳しくはこちら

関連製品を見る